--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/23 (Thu) 16:27
NARL レボリューションパック 最先端超音波ダイエット器具

NARL レボリューションパック 最先端超音波ダイエット器具NARL レボリューションパック 最先端超音波ダイエット器具

品名 NARLレボリューションパック 内容 NARL Revolution Slim 本体 …1 電源コード …1 超音波照射パッド …4 取換用粘着シート (2枚1組) …2 粘着シート用保護フィルム …2 固定ベルト …2 取扱説明書(保証書) …1 EMS Revolution 本体 …1 電池(単4) …2 パッド用コード …2 EMSパッド …4 巾着袋 …1 固定ベルト …4 ストラップ …1 専用ジェル …1 取扱説明書(保証書) …1 ご使用の注意点 ペースメーカーを使用の方、心臓疾患など持病がある方、妊娠中の方など、ご使用いただけない場合があります。 ご注意ください。 NARL Revolution Slim 定格・仕様 規格電圧・電流 100V・120mA 出力周波数 517Khz±5% (NARL超音波 最大超音波 出力強度 110mW/cm2 消費電力 12W(最大) 原産国 日本 外形寸法 250×179×120 (mm・最大) EMS Revolution 定格・仕様 消費電力 200mW(最大) 電源入力 単4電池(1.5V)×2本 原産国 日本 外形寸法 95×70×20 (mm・最大) NARLは、世界初の超音波で 健康的に部分スリムを体験することが出来ます。 NARL超音波には、5年にわたる原理的な既存研究およびヒトでの実証試験の結果があります。国内及びEU、USA肥満学会での発表が多数あり、かつ国際的学術誌Pathophysiologyに論文が掲載されました。 NARL Revolutionは、NARL超音波と呼ばれる特定の範囲の周波数と強度の組み合わせ(特許取得済み)を使用することによって、照射した箇所にのみノルアドレナリンを分泌させ、部分やせの効果を得ることができます。NARL超音波は、正式名称 Nor Adrenalin Release(ノルアドレナリンリリース)超音波の略。(特許取得済み)周波数517Mhz、強さ110mW/cm2という特殊な微弱超音波を用いて、照射した箇所にだけノルアドレナリンという脂肪分解ホルモンを分泌させ、脂肪を分解させます。おなかや二の腕など気になる箇所に1回10分間当てるだけで確実に脂肪を分解し、世界初の部分スリムを実現。EMSは「Electrical Muscle Stimulation」の略。 電流を直接体に流すことによって、深部の筋肉を鍛え、脂肪を燃焼します。「NARL Revolution」で脂肪を分解した後「EMS Revolution」を使えば、分解した脂肪を効率よく燃焼させることができます。 1週間に2回以上、1回わずか10分「NARL超音波」を気になる部位にあてるだけ! これで余分な体脂肪を減らし「部分スリム」を可能にします。使用している間は、じわっと暖かくなるだけで気になる刺激などは一切ありません。  「NARL Revolution Sonic」を開発した三輪博秀博士は、東京帝国大学(現東京大学)で工学博士号を取得。 神戸工業研究所所長や富士通研究所取締役などを歴任後1995年に三輪サイエンス研究所設立。その実績を持って有名医大や研究所(次ページ記載)の実証研究協力を得、本商品を開発しました。アメリカと日本で特許を取得し、国際的な学術誌「Pathophsioogy」に論文が掲載されるなど、「NARL Revolution Sonic」は科学的根拠と技術に支えられています。所属学会(現会員) 米国IEEE LifeSeniorMember.日本肥満学会・日本画像学会. 世界超音波医学会(WFUMB). 米国超音波医学会.著書1953年 放射性追跡子実験技術(共立出版) 1961年 応用放射線計測(日刊工業新聞社) 受賞1952年 日本発明協会発明賞 1968年 大河内博士記念賞1969年 日本発明協会発明賞 1984年 日本ME学会新技術発明賞 1986年 同上最高論文賞 Q.NARL Revolution Sonicは、従来の市販品に比べてかなり微弱な超音波ですが、そんなパワーで本当に脂肪が分解出来るのでしょうか?A.はい。全く心配はご無用です。その点こそが、従来品との違いなのです。 NARL(ナール)超音波は、パワーで脂肪分解するのでは有りません。 NARL超音波(微弱なパワーと特定範囲の周波数の組み合わせ)を照射すると、当てた部分の末端神経が、そのNARL超音波に共鳴するように開き、今まで不可能とされていた脂肪分解ホルモンであるノルアドレナリンが放出されて、直接脂肪細胞をアタックし分解するのです。 実にこの脂肪分解メカニズムそのものが学会で認められ、NARL超音波の世界特許となっています。パワーがより強いもの,周波数がより高いものは、体温が上昇し過ぎて細胞組織自体を損傷する可能性があるにもかかわらず、国内で数多く出回っているのが現状です。高パワーの超音波を長時間、同一箇所に連続照射することは、危険ですのでお止め下さい。 Q. NARL Revolution Sonicは空腹時に照射が有効と聞いていますが、食前以外の照射は効果が有りませんか? A. 食前に照射するのが望ましいですが、食後2時間程度経過していれば食間でも効果は変わりません。満腹時だけは避けて下さい。せっかく照射しても、糖がまだ残っていますので遊離脂肪酸が燃えないからです。 Q. 照射後に、分解された脂肪を燃焼させるための運動はどの程度必要ですか?激しい運動をすると、効果はより高まるのでしょうか?A.軽い散歩(15~20分)程度の運動で十分です。国立精神衛生センター・大西先生がスタッフの女性に5回/週×3週照射されましたが、その時には運動は特に何もされなかったのですが、照射した部分だけ脂肪が減少しました。普通は、脂肪は分解されても燃焼しなければまた元に戻ってしまうのですが、家事や日常生活程度の運動,また42度のお風呂に入浴などでも減少している報告がかなりあります。しかしながらNARL超音波照射後は、せっかく分解した脂肪ですから、適度な運動で確実に燃焼して落とされることをお勧めします。太腿などは、あまり強く運動されますと、最初は減少するのですが、何回か照射すると筋肉が出来てしまう早さが脂肪の落ちる速度以上になってしまう場合が有り、結果照射前と周径が変わらないということが起こってしまいます。エステでは、よくEMSで運動を代用していますが、かなりの効果を上げていますのでNARL Revolution Sonic→EMSの組み合わせはお勧めです。 Q.週何回程度照射すると、効果的ですか? 効き目は照射回数に比例して効くと考えていいでしょうか?A.週2回~4回照射出来れば効果が早く出ます。人によっては、10回/10日程度の照射でスカートが回るぐらい効く人も中にはいらっしゃいますが、ある程度の効果を確認していただくには週2回だと2ヶ月以上、週4回でも1ヶ月以上はかかると見ていただいていいと思います。ほぼ照射回数に比例すると考えて下さい。(週1回の照射でも期間は長くかかりますが、きちんと効果は確認出来ています。)
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト

<< 【レクティテュード】3個以上で送料無料&代引き手数料無料☆発送まで1週間程度 | ホーム | 体の中に燃える以外の方法がないという脂肪燃焼サイクル?!理論に基づいた研究による絶妙な比率で出来上がりました!【ファットバーニングサイクルビード】 1014PUP10 翌営業日に発送できます。 >>

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。